菊理媛神

白山神社に祀られている白山比咩神(しらやまひめのかみ)と同一神とされているのは菊理媛神です。(ククリヒメノカミ)

神話での菊理媛

日本神話では、「古事記」や「日本書紀」の本文には登場していません。「日本書紀」の一書に一度だけ出てきているだけです。

【原文】
及其与妹相闘於泉平坂也、伊奘諾尊曰、始為族悲、及思哀者、是吾之怯矣。
時泉守道者白云、有言矣。曰、吾与汝已生国矣。奈何更求生乎。吾則当留此国、不可共去。
是時、菊理媛神亦有白事。伊奘諾尊聞而善之。乃散去矣。
【解釈文】
その妻(=伊弉冉尊)と泉平坂(よもつひらさか)で相争うとき、伊奘諾尊が言われるのに、「私が始め悲しみ慕ったのは、私が弱かったからだ」と。

このとき泉守道者(よもつちもりびと)が申し上げていうのに、「伊弉冉尊からのお言葉があります。『私はあなたと、すでに国を生みました。なぜにこの上、生むことを求めるのでしょうか。私はこの国に留まりますので、ご一緒には還れません』とおっしゃっております」と。 このとき菊理媛神が、申し上げられることがあった。伊奘諾尊はこれをお聞きになり、ほめられた。そして、その場を去られた。

名前の由来

神産みでイザナミ(伊弉冉尊)に逢いに黄泉を訪問したイザナギ(伊奘諾尊)は、イザナミの変わり果てた姿を見て逃げ出しました。しかし泉津平坂(黄泉比良坂)で追いつかれて、そこでイザナミとイザナギは口論になりました。そこに泉守道者(よもつちもりびと)が現れて、イザナミの言葉を取りつぎ「一緒に帰ることはできない」と言います。菊理媛神が何かを言うと、イザナミはそれを褒めて、帰って行きました。となっています。菊理媛神が何を言ったか。ということは一切書かれていません。そして菊理媛神の出自なども書かれていません。

この話から、菊理媛神はイザナミとイザナギの間を仲直りさせたとして、縁結びの神とされています。また、死者(イザナミ)と生者(イザナギ)の間を取り持っているからシャーマン(巫女)の女神ではないかとも言われています。そしてケガレを払う神ともされています。

神名でもある菊理媛の「ククリ」は「括り」の意味で、イザナギとイザナミとの仲を取り持ったことからの神名とも考えられています。その他にも、糸を紡ぐ(括る)ことに関係があるとする説や、「潜り」の意で水神であるとする説、「聞き入れる」が転じたとする説などがあります。

日本パワースポット厳選5!

祭祀での菊理媛

白山比咩神となぜ同一にされるようになった経緯については不明です。白山神社の総本社でもある白山比咩神社(石川県白山市)の祭神について、伊奘諾尊・伊弉冉尊と書物で書かれていた時期もありました。菊理媛を白山の祭神としたのは、大江匡房(1041-1111)が扶桑明月集の中で書いたのが最初と言われています。

14世紀に天台僧によって書かれた『渓嵐拾葉集』には、「扶桑明月集云、・・・八王子近江國滋賀郡小比叡東山金大巌傍天降。八人王子行卒。天降故言八王子。 客人宮桓武天皇即位延暦元年天降。八王子麓白山妙理権現顕座。」となっています。

文明元年(1469年)に吉田兼倶が撰したとされる二十二社註式には、「扶桑明月集云、・・・客人宮第五十代桓武天皇即位延暦元年、天降八王子麓白山。菊理比咩神也。」となっていて、『大日本一宮記』内には菊理媛が白山比咩神社の上社祭神として書かれています。

その後、江戸時代の書物では白山比咩神と菊理媛が同一神と明記されるようになりました。

神仏習合のなかでは白山比咩神は白山大権現、白山妙理権現、または白山妙理菩薩とされて、本地仏は十一面観音とされました。

現在の白山比咩神社は、菊理媛神(白山比咩神)を主祭神として、伊奘諾尊・伊弉冉尊も共に祀られています。

登山計画