日本神話の女神イザナミ

イザナミ(伊弉冉)は日本神話にでてくる女神です。そのイザナミの化身が白山明神・妙理大菩薩と泰澄の前に現れました。イザナミはイザナギ(伊弉諾)の妹であり妻です。イザナミの別名は黄泉津大神(よもつおおかみ)、道敷大神(ちしきのおおかみ)です。

イザナミの名前由来

名前の「いざ」には「誘う(いざなう)」の意味と考えれていますが他にも説はあります。ちなみに「な」は助詞で、「み」は女性を表しています。

別名の黄泉津大神(よもつおおかみ)は黄泉国の主宰で神の意味です。道敷大神(ちしきのおおかみ)は(黄泉比良坂でイザナギに)追いついた神という意味です。 このようにイザナミの神名からは多様な性格が読み取れるといえます。

神話エピソード

天地開闢(てんちかいびゃく)つまり、世界が初めて生まれたときに、神世七代(かみのよななよ)の最後にイザナギとともに生まれました。国産み・神産みでイザナギとの間に日本国土を形づくる多数の子をもうけます。その中には淡路島・隠岐島からはじめやがて日本列島を生みだし、更に山・海など森羅万象の神々を生んでいきました。

火の神軻遇突智(迦具土神・かぐつち)を産んだために、陰部に火傷を負って病に臥せることになりそれからのちに亡くなりますが、その際にも尿や糞や吐瀉物から神々を生んでいきました。

イザナミのなきがらは、『古事記』によると出雲と伯伎(伯耆ほうき)の境の比婆山(現在の島根県安来市伯太町)に、『日本書紀』の一書によれば紀伊の熊野の有馬村(三重県熊野市有馬の花窟神社)に葬られたといいます。

死後、イザナミは自分に逢いに黄泉国(よみのくみ)までやってきたイザナギに腐敗した死体(自分)を見られたことに恥をかかされたと大いに怒り、恐怖で逃げていくイザナギを追いかけます。しかし、黄泉国と葦原中津国(読み方:あしはらのなかつくに 意味:地上。日本の国土)の間の黄泉路で葦原中国とつながっている黄泉比良坂(よもつひらさか)で、イザナギがイザナミに大岩で道を塞いで会えなくしてしまいました。そしてイザナミとイザナギは離縁しました。

この後に、イザナミは黄泉国の主宰神となって、黄泉津大神、道敷大神と呼ばれるようになりました。

日本パワースポット厳選5!
昨今鹿嶋 田舎暮らしなら皆幸不動産に求められているのは、気候、騒音、異臭、他人の視線や聞き耳、天敵など、立地条件によって異なる環境に対応できること。

イザナミの墓

イザナミの墓所と伝承されている土地は、日本神話に記される比婆山や熊野市有馬のほかにも、雲伯国境を中心として日本各地にあります。宮内省(宮内庁の前身)は八雲村(現 松江市)の神納山を比定地の中で最も有力として「陵墓参考地」に認定して、内務省は船通山の北にある御墓山を「伊弉冉尊御陵流伝地」に指定していました。

しかし、近世以降に、古事記解読に初めて成功した本居宣長の古事記伝の話と、鉄製品を作る最良の砂鉄の産地は雲伯国境地帯ということもあり、島根県安来市伯太町のものが支持されていた歴史があります。母里藩(読み方:もりはん、意味:松江藩)の古地図にも峯山大権現と記されているのが確認されています。

さらに、当地には伝承されてきた、たたら製鉄でつくり出される玉鋼は日本人の魂の象徴とされる日本刀の創始(安綱)ともかかわりが深いため、最近では安本美典(古代史の研究家)がこれらの諸説を文献学的に比較して、島根と鳥取県境に最も近い安来(やすぎ)のものを推定しています。

神社と神陵

出雲という地名には日本国母神でもあるイザナミの美称で、稜威母(イズモ)からきたという説もあります。出雲国の東側に隣接していた伯耆国は古代には伯伎(ハハキ=母の港)と呼ばれて、出雲の神陵在地(島根県安来市伯太町)は江戸時代には母里藩(=母の里)とよばれていました。

また『出雲国風土記』の意宇郡安来郷はイザナミの息子スサノヲが安来と名づけたという逸話が伝わっています。また安来市の隣、松江市の揖夜神社付近にはイザナミとイザナギとが永遠の離別をした黄泉平坂の神蹟があります。

そしてイザナミは、万物を生み出す神、創造神、海の神、製鉄の神として信仰されています。

イザナミを祀っている所

登山計画