神仏習合の神

白山権現は神仏習合の神で、十一面観音菩薩が本地仏でもあります。そして仏教の信仰対象でもある菩薩の一尊でもあります。サンスクリット語では、エーカダシャ・ムカएकदशमुख です。意味はその文字通りで「11の顔」です。本体の顔の上にまるで王冠のように11の顔がありますが、観音菩薩の変化身の1つで六観音の1つです。(六観音:真言系では聖観音、十一面観音、千手観音、馬頭観音、如意輪観音、准胝観音を六観音です。天台系では准胝観音の代わりに不空羂索観音を加えて六観音となっています)

大光普照(だいこうふしょう)観音とも呼ばれていて、頭上の11面のうちの、前後左右の10面は菩薩修行の階位である十地を表して、最上部の仏面は仏果を表すとされています。十一面観自在菩薩心密言念誦儀軌経によると、10種類の現世での利益(十種勝利)と4種類の来世での果報(四種功徳)をもたらすと言われています。

十種勝利

四種功德

日本パワースポット厳選5!

十一面観音像

インドで十一面観音像が造れている例は顕著なものはありません。唐の玄奘訳の「十一面神咒心経」が流布されてことで、中国と日本で盛んに造像されていきました。

日本では、奈良時代から十一面観音の造られていきました。そしてその像を信仰することは盛んに行われるよになりました。法隆寺金堂壁画(1949年の火災で焼損)中の十一面観音像が最古の作例と見られています。奈良時代の作例として他には、奈良・聖林寺像(国宝。大神神社の元神宮寺の三輪山平等寺伝来)京都・観音寺像(国宝)、奈良・薬師寺像(重文)などがあります。東大寺二月堂の本尊も十一面観音ですが、古来厳重な秘仏になっているので、その十一面観音像の姿は明らかになっていません。東大寺二月堂の年中行事でもある「お水取り」は、十一面観音に罪障(ざいしょうは仏教の言葉で往生・成仏の妨げとなる悪い行為)の懺悔をする行事です。

十一面観音はその深い慈悲により、人間の一切の苦しみを抜き去る功徳を施してくれる菩薩であるとされています。そのことから女神のような容姿に造られたものが多く見られます。多くの十一面観音像は頭部正面に阿弥陀如来の化仏(けぶつ)を頂いて、頭上には仏面(究極的理想としての悟りの表情)、菩薩面(穏やかな佇まいで善良な人々に楽を施す、慈悲の表情。慈悲面とも言われる)、瞋怒面(しんぬめん。眉を吊り上げ口を「へ」の字に結び、邪悪な人々を戒めて仏道へと向かわせる、憤怒の表情。忿怒面(ふんぬめん)とも)、狗牙上出面(くげじょうしゅつめん。結んだ唇の間から牙を現し、行いの浄らかな人びとを励まして仏道を勧める、讃嘆の表情。牙上出面あるいは白牙上出面とも)、大笑面(だいしょうめん。悪への怒りが極まるあまり、悪にまみれた人々の悪行を大口を開けて笑って滅ぼする、笑顔。暴悪大笑面とも)など、各々に複雑な表情を乗せています。そして、右手を垂下し、左手には蓮華を生けた花瓶を持っている姿であることが多いです。この像容は玄奘訳の「十一面神咒心経」に基づいてこの像容になりました。通例では、頭頂に仏面、頭上の正面側に菩薩面(3面)、左側(向かって右)に瞋怒面(3面)、右側(向かって左)に狗牙上出面(3面)、拝観者からは見えない背面に大笑面(1面)になっています。

「十一面神咒心経」によるとば、右手は垂らして数珠を持ち、左手には紅蓮を挿した花瓶を持つとされていますが、彫像の場合は右手の数珠が省略されているものが多く見られます。一方で、真言宗豊山派総本山長谷寺本尊の十一面観音像は、左手には通常通り蓮華を生けた花瓶を持っていますが、右手には大錫杖(僧がもっている杖)を持って、岩の上に立っているのが最大の特徴です。豊山派の多くの寺院に安置された十一面観音像はこの像容になっているので、通常の十一面観音像と区別して「長谷寺式十一面観音」と呼ばれています。

日本のおもな十一面観音像・奈良時代

日本のおもな十一面観音像・平安時代

日本のおもな十一面観音像・鎌倉時代

登山計画
つくばの新築一戸建て・不動産・売買なら|(株)スミカクリエイトに一戸建ての事はもちろん、住み始めてからのフォローもお任せください。リフォームや税金・保険など、あらゆる住まいのご相談に対応させていただきます。
ヒーリングとは、ありのままの自分を取り戻す手助けになるものです。欧米諸国だけでなく日本においてもヒーリングの認知度は高く、民間レベルではありますが、悩み傷ついた人たちにヒーリングを施す「ヒーラー」と呼ばれる人たちが存在しています。